会社案内

ご挨拶

当社は昭和12年創業から昭和26年設立以来、水洗部品を中心に真鍮、砲金部品を加工してまいりました。
近年、鉄関係、ステンレス、アルミなどの加工も増えつつあります。 
一歩一歩確実に技術を身につけ、さらなる高品質、スピードへの対応を目指し、より多くのお客様に喜ばれる企業を目指し日々努力しています。
経営理念
私達は常に『ものづくり』を追求し顧客満足度の高い製品によって信頼され発展する企業を目指します。
と掲げ、常にお客様目線で考え、ものづくりに全力を尽くしてまいります。
「誠実・協調・感謝」を社訓とし、社員一丸となって創意工夫、改善を進め、熱意を持ってお客様のニーズにこたえていきたいと考えております。
どうぞ宜しくおねがいします。

                                       代表取締役社長 志水 嘉津彦
外観
外観
代表取締役会長
代表取締役会長
代表取締役社長
代表取締役社長

会社概要

社名 進興金属工業株式会社
代表 志水 登 志水 嘉津彦
所在地 〒470-0206
愛知県みよし市莇生(あざぶ)町辰己山102
TEL 0561-36-8883
FAX 0561-36-7220
URL http://www.e-shinko.co.jp/
E-MAIL shinko@e-shinko.co.jp
営業品目 ・切削加工全般
・マシニング加工
・複合旋盤
・水栓金具
・緊急遮断弁
・LPガス用安全機器製造発売
・加工部品の表面処理及び組み付け
資本金 2400万円
設立年月日 1951(昭和26)年3月
従業員 50名(男35 女15)
主要取引先 (株)KVK
愛三工業(株)
住友理工(株)
(株)LIXIL
全国LPG販売会社  (順不同)

沿革

昭和12年7月 志水嘉明大が名古屋市中村区日置通りにおいて志水製作所として創業。
昭和17年3月  企業合同により宝飯郡蒲郡町栄機器製作所と合併、主としてトーチランプを製造。
昭和21年2月 名古屋市瑞穂区堀田通りにおいて進興金属工業所に社名変更。
昭和26年3月 資本金60万円にて進興金属工業(株)を設立。
昭和42年5月 工場拡張計画により、現在地刈谷市一里山町に移転、本社工場とする。
昭和48年3月 工場拡張計画により、第2期工事完了。
昭和48年9月 増質を行い資本金1200万円とする。TB型ナマズバルブを製造開始。
昭和55年1月 第3期工場拡張計画により、本社社屋および工場増設工事着工、同年7月完成。
昭和55年9月 資本金2400万円に増資。
昭和55年9月 ナマズバルブCST型の製造開始。
昭和58年9月 ナマズバルブS−2型の製造開始。
昭和58年12月 志水登が代表取締役に就任。
昭和62年6月 ナマズバルブB−1型(Bカット)製造開始。
平成7年10月 ナマズバルブSC−1型製造開始。
平成9年9月 ISO9001認証取得(ナマズバルブ)
平成11年2月 ナマズバルブ SH−1型(スパーホース)製造開始。
平成11年4月 現在6件特許取得、8件特許出願中。
平成18年4月 SPS-1特許出願中。
平成20年8月 工場を移転しました。
平成21年7月 志水 嘉津彦が代表取締役社長に就任しました。